スキップしてメイン コンテンツに移動


イギリスでホームレスの子供が12万人を超える

台湾で2030年までに使い捨てプラスチックを禁止





台湾が2030年までに使い捨てプラスチックを禁止すると発表したことを仏通信社「AFP」が伝えています。



現地時間の木曜日に台湾当局は、2030年までにストロー、カップと買物袋を含む使い捨てプラスチック・アイテムを広範囲に禁止する予定だとし、来年からレストランを中心に規制を進めていくと発表しました。

この新しい計画は、主要なチェーン・レストランは2019年(2020年すべての飲食店に拡大)から、店内でプラスチック・ストローの使用禁止の規制を始めるとのこと。

そして、政府の行政院環境保護署(EPA)のロードマップによれば、消費者は2025年から、すべてのストロー、プラスチック買物袋、使い捨て用具と飲料カップを使用する場合は、追納しなければならないとのこと。

Embed from Getty Images

「私たちは、海を汚染して、そのうえ食物連鎖の中で人間の健康に影響を及ぼすプラスチックの無駄を大きく還元するために、2030年までに包括的な禁止を実行するつもりです。」とLai Ying-yingは声明を出しています。

台湾では、毎年700枚のビニール袋を平均して使っているとのことで、環境保護庁は、2025年までに100枚に減少させ、そして、2030年までにゼロにする計画とのこと。

政府はスーパーマーケットとコンビニエンスストアを含む主要な小売店で、無料のプラスチック買物袋をすでに禁止しており、今年からパン屋とキオスクを含む中小企業に拡大させています。

台湾では、10年以上前からプラスチックのリサイクルを進めており、昨年は約200,000トンのプラスチック容器をリサイクルしたと、環境保護庁は発表しています。

SNSでは、「良い動き。」「手遅れになる前に、早め早めに行動することが大事。」「ただの課税。政府が正当に見せている裏では利権が生まれている。」「言うは易く行うは難し。これは長い道のりになる。」などのコメントが寄せられています。



▼海外ニュースブログランキング
・人気ブログランキング・海外ニュースへ
・にほんブログ村 海外ニュースへ

新着記事

このブログの人気の投稿

イギリスでホームレスの子供が12万人を超える

オーストラリアの原野で迷子になった3歳の女の子を17歳の犬が一晩守り切る

世界最高齢の128歳の女性、長生きは「神からの罰」